腰痛・肩こり・頭痛の方に朗報



スポンサードリンク


総理(横粂 勝仁)情報

総理と受験(新聞に記事掲載)

毎日新聞のコラムでしょうか?
ニュース記事を調べていたら、「受験と私」という連載記事の
第12回に、あいのりの総理こと、横粂勝仁さん(衆院議員)の
記事がありました。

第12回「出題者側の観点で 何が求められているか見える」
と題してのコラムです。

一部ピックアップしました。

詳しくはこちら

なるべく要点をとらえて、必要なところだけピックアップして覚えてしまう。

試験とか受験なら、出題者側の観点、感覚でいる。
そうすれば何が求められているか、何を覚えればいいかが見えてくるものです。

「人間は忘れた数だけ記憶が定着していく」というのが私のやり方の特徴だと思います。

薄く広くを繰り返す。

 子どものころから勉強しろと言われたことがないんです。
トラック運転手の父は農家の出身で中卒、上の姉は高卒、下の姉は“突然変異”といわれるほど勉強ができ、名古屋大へ。
わが家では高校に行くだけですばらしい。大学なんて奇跡的です。

私も何も求められていないからこそ、義務ではなく気楽に勉強ができたのでしょう。

試験が終わってからの方が好きなように勉強できるから楽しい。
それは今でも同じ。選挙がすんでからの方が駅頭に立つのが楽しいですね。


あいのり(11)

●はじめにお読みください。
あいのり情報ファイルの記事目次
帰国後メンバーの情報はこちらへ-2
帰国後メンバーの情報はこちらへ-1
帰国前メンバーの情報はこちらへ-2
帰国前メンバーの情報はこちらへ-1
あいのりメンバーHP

TOP
blogランキングへ



スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。